キャリナビカフェ

14日(木)は、人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)主催の院内集会が衆議院第二議員会館の第一会議室で行われた。当日は20名を超える報道関係者が取材に来てくださり、NHKのカメラも入っていたし、国会議員の先生方も、総計で30名近く参加くださって、大成功に終わった。一般の参加者も多くて、途中で入館券を追加してもらったのは、これまでで初めての体験。

15日(金)は、大学院の授業で、自分の発表の番。ジェンダー論の視点で児童手当問題を取り上げた北明美さんの論文「児童手当制度におけるジェンダー問題」『福祉国家とジェンダー』(明石書店、2004年)の内容を紹介しつつ、自分なりの批判を行うというもの。わたしは、子どもの権利と女性(母親)の権利が両方とも実現される児童手当制度はどんなものだろうか、という観点からコメントを書いた。現在の日本の児童手当制度では、手当の受給者は父親になる場合が多く、一方、欧米では母親が受給者となっており、日本でも母親を受給者にすべきという北さんの主張に対して、児童手当なんだから基本的な受給者は子どもであるべきだ、というのがわたしのコメント。

16日(土)夜は、キャリナビカフェ。若者たちの適職、天職探しを支援するNGOであるキャリナビに初めて関わったのが、2001年2月のことでした。以来、元気一杯の代表しぶやゆかりさんのパワーに引き摺られて、今まで楽しく付き合ってきた。今回のキャリナビカフェでは、新しいスタッフとか若者たちともお話が出来て、一杯パワーを貰った。何時も思うけど、こんな風に自然体で、自分の心と感性に正直に生きている若者達が増えてきたら、日本の社会も、もっと生きやすくなるのになぁ、って思った。

 

 

広告

キャリナビカフェ」への1件のフィードバック

  1. 森田さん!書き込みどうもありがとうございました。うれしかったので、お返しに私も書き込みます!ブロクやってるんですね~。私もはじめました!かなりおふざけですが…(笑)画像が簡単に扱えるので、これからどんな風に使おうかいろいろ考えてるところです。以前にも森田さんのサイトを拝見させていただいたことがあるのですが、また今から熟読させていただきまーす!では。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中