我が青春のアルカディア号、発進!

15日に東洋大学大学院で初講義を行いました。
成功でした。
そして、全てが明らかになりました。
この春に東工大に来て、自分が本当にやってみたいことは世界で誰もやったことのない研究に挑戦することであることが分かりました。
そして、東洋大学大学院の初講義で社会人として数年、あるいは二十年以上の経験を持つ人たちに自分の思い、経験を語りかけ、その「語り」が彼らにとって大きな意味を持っていることが分かり、自分は大学人として、このような人たちを相手にするのであれば、精一杯、自分の力を尽くすことが出来る、そして、そのような教育活動によって十分な満足を得ることが出来ることが確認できました。
私は適切な「場」さえ得ることが出来れば、研究者&教育者として本来の自分の力を発揮できるということに初めて確信を持つことが出来ました。
 
そして、何よりも学者として「人権工学」という新しい学問を生み出すことこそ自分の本当の使命であることが確信できました。
不思議なことに、この5月22日~24日にタイ政府、在タイ米国大使館等が共催し、米国のNGOであるバイタル・ボイスが主催する人身売買の国際シンポジウムにスピーカーとして招待されることになりました。
多分、この流れの先に私のこれからの人生が拓けて行くのだという気がします。

旅立ちの時です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中