筑波詣、アドマチック、江戸屋

昨日の夕方、筑波山に出掛けた。
昨年夏以来、ほぼ一年ぶりの筑波詣。
東洋大学大学院の講義を終えてから、東京駅発、筑波山行きのバスに乗って筑波山の麓に着いたのが午後6時半頃。
タクシーに乗って定宿である江戸屋に向い、露天風呂に入って都会の塵を洗い流す。
念願の遊仙亭で夕飯を食べたあと、フジTVのアドマチック天国で筑波特集を観た。
江戸屋の大女将による蝦蟇の油売りの口上も映っていた。
その晩に江戸屋に泊まるというのも不思議な縁。
 
翌朝は筑波山神社に行ってお札を買った。
年末年始そして今年の前半は博士論文を仕上げるために超多忙で、新しいお札を買うために筑波山まで出掛けるく時間がなくて、浦安の我が家の神棚も筑波山神社のお札だけがなくて、ずっと気になっていた。
これで一安心。
 
それから、大御堂さんを訪ねて、住職さまにも久し振りにお会いする。
この大御堂は、弘法大師空海によって開かれた由緒あるお寺で、現在は真言宗豊山派の大本山である護国寺に所属している。
住職さまとは昨年夏に伺ったときにはお会いできなかったので、今回が一年半ぶりの再会となった。
今回もまた、貴重なお話を伺うことが出来た。
 
帰りは初めて筑波エクスプレスに乗り、南流山で武蔵野線に乗り換えて新浦安に戻った。
 
やはり、筑波山は気持ちが一番安らぐ所である。
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中