『人権をひらく』、子ども人権部会、人権ワークショップ

昨日、ふと思い立ってAMAZONで「人権」という言葉で検索をかけてみた。
全部で2726冊の本(日本語)があることが分った。
その中で、わたしの『人権をひらく』は売れている順で160番のところにあった。
昨年4月に発売された直後は、よくAMAZONのランキングを見たり、書店で自分の本が置いてあるかどうか確認したりしていたのだけど、一年が過ぎて、未だにこの本を読んでみようと思ってくださる方がいるというのは、本当にありがたいことだと思う。
 
そう言えば、大阪の子ども情報研究センター・子ども人権部会というところでは、この本をテキストに読書会をして下さっている。
子どもの権利に向き合っている人たちにとって何か意味のあることが少しでも『人権をひらく』のなかに含まれているとしたら、書いた本人としては、これほどうれしいことはない。
 
そして、今月13日には都内のある大学の付属中学校の中学一年生203人を対象に「いじめと子どもの人権」をテーマに2時間のワークショップをやらせていただくことになった。
昨日は、担当の先生から当日の打ち合わせのための電話が入った。
自分なりに当日のプログラムも考えてきたのだけど、実際に子どもたちを預かっている先生方のご意見はやはりとっても貴重で重みもあった。
話し合いの中で、さらに当日のプログラムに関する考えがはっきりした。
 
基本的には、ここ2,3年に勉強を進めている様々な参加型学習法の手法のいくつかを試してみる積り。
あまり事前に細かく計画するとワークショップの即興性とかグループダイナミックスの発展を阻害するのだけど、あまり思いつきでも良くないので、先週の東洋大学大学院の授業で一つのテクニックを試してみた。
結果は上々。
13日はどんなワークショップになるでしょう。
とっても楽しみ。
 
ちなみに今日の写真は昨年、長崎でおこなったサマーワークショップのもの。
今年の夏も熱い夏になりそうだね。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中