ゆるんで、観てみる

17日に北九州でやらせていただいた「観て、動いて、感じて身に付ける人権的生き方」ワークショップ。
参加してくださった方からこんな感想をいただいた。
「穏やかな穏やかなワークショップを提供してくださってありがとうございました。心身ともに疲れが解けていくのが自分でわかりました」
こういう感想が一番ウレシイかも(^-^)。
ちなみに、来年は「癒しの人権ワークショップ」というのをやってみようかなぁ、と思った。
何となく良さそうなタイトルですよね。
 
昨日は久し振りにガンダーリさんのプレイバックに参加した。
はじめてガンダーリさんのプレイバックシアタのワークショップに参加したのは、たぶん2004年の12月ごろ。
11月21日~23日に赤城山の国立青年の家で行われた教育系ワークショップフォーラムで橋本久仁彦さん、くにちゃんのプレイバックのワークショップに参加して、衝撃的な印象を受けたのが始まり。
あの頃は気が付かなかったけれど、ガンダーリさんという人は、人を癒すひとなんだなぁ、と昨日はじめて気が付いた。
いろいろな悩みや問題をかかえた人がガンダーリさんによって癒されて、新しい人生の一歩を踏み出していった。
自分もその一人だったんだなぁ、なんて思った。
 
何はともあれ、今年もあと8日間。
閉ざしていた心も少しゆるめて、いろいろ囚われからも自由になって、新しい年のことを考えてみる時である。
くにちゃんが言っていた。
「自分らしい生き方を見失わなければ、ほんものの仲間はいつも皆さんの傍にいるものです」
 
自分らしい生き方。
観てみましょう!
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中