ホッと一息(^-^)

17日(土)に横浜開港記念館で開催された「子どもの未来を買わないで―ティムからのメッセージ」は満員御礼で無事に終了。
 
当日、わたしもカンボジアの人身売買被害者の方が描いてくださった絵を持って、午後2時にはNGOブースに到着。
畳1畳分はある絵を2枚ホワイトボードに貼って、資料を机におくと、あとは来場者を待つだけ。
会場には、他のNGO関係者も思い思いに資料やポスター、パネルを並べ、物販も行なわれていた。
 
午後3時過ぎには来場者が現われ、各ブースも段々と賑わい始めました。
・・・。
 
ところが、私のブースだけ誰も立ち寄ってくれません。
やはり、ポスターセッションなんてものは学会でやるもので、こういうNGOブース特設会場でやるのは、そもそも無謀だったのかなぁ、などと思いながら、時間はあっと言う間に過ぎて5時。
 
少しお茶でもしてこようと会場を離れて、10分ほどして戻ると、何と、私のコーナーで絵を見つめる3人の若者の姿。
これぞ、天がくれたチャンス。
タッ、タッ、タッ、と駆け寄って、さりげに「この絵について説明しても良いですか」と語りかけると、この3人の若者。
こっくりと頷いてくれたのです。
 
世の中は良い人ばかりだなぁ、と感謝しつつ、昨年8月にカンボジアの保護センターで人身売買被害者を対象としたリサーチワークショップをやった時の話をしていると、ちょうど、そこにインターネットTV局を運営しているドリクラTVの皆さんが到着。
テレビカメラが回る中で、他のブースにいた来場者の方も、私のコーナーに集まってきてくださって、まぁ、正直なところ、「天は私を見捨てなかった」と感謝の気持ちで一杯でした。
何しろ、昨年8月にカンボジアでこのリサーチワークショップをやるときに、参加してくれた人身売買被害者の方たちには、「皆さんの描いてくれる絵は、日本で人身売買問題を理解してもらうために使うからね」と約束したわけで、誰も観てくれなかったら、それこそ約束違反、債務不履行でないか、そもそも千葉から横浜まで雨の中を担いできた、この努力はどうなるの?ナドナド、心の中に不安が一杯だったのも、これで解消。
 
6時過ぎまで、一生懸命に説明し、質問にお答えして、夜のイベントのための打ち合わせのために自分のブースを離れる時には、用意してきた資料も全部なくなり、これで少しだけ約束を果たせたなぁ、と、それこそ本当に安心しました。(^-^)
 
夜のイベントも会場がほとんど一杯になるような盛況で、朗読劇「天の浮舟」も、そして私がファシリテーターを務めたトークセッションも無事に終了。
 
自分のブースに戻ると、カンボジアでのワークショップに関心を持った若い女性が「資料をいただけませんか」と訊ねられたので、思い切って、手持ち用の報告書ドラフトをあげてしまいました。
まぁ、この辺り、フーテンの寅さんの「ええ~い、持って行けい」という気持ちになりきっていましたね。
 
ということで、楽しくも充実した週末は過ぎていったのでした。
 
広告

ホッと一息(^-^)」への2件のフィードバック

  1. 隣のブースにおり、ワークショップの準備をしているというので、興味津々だったのですが。講堂の方の朗読劇の準備もあり参加出来ませんでした。残念。

  2. マイケルさん。
    17日はお隣同士でとっても楽しかったです。
    また、トークセッションの時は舞台監督&音響のお仕事。ほんとうにお疲れ様でした。そして、ありがとうございます。
    ファシリテーターを務めていたわたしも、マイケルさんの様子を見て、落ち着いた気持ちでいることができました。
    ほんとうにすばらしい週末のひと時でしたね。
    また、どこかでご一緒しましょう。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中