なぜ、学ぶのか?

今朝、父が亡くなった2002年のことをある原稿に書いていた。

あの年、早稲田大学大学院に入学した。

諦めかけていた博士号にもう一度挑戦しようと思った。

今年、その夢がかなった。

父は亡くなるまで、私の勉強のことを気がにかけていてくれた。

自分が学び続けられたのは父を含む周りのひとびとの想いがあったからだ。

ひとはそういう想いに応え、そういう想いをひとに伝えるために生きているのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中