チャールズ・テイラー教授、テンプルトン賞受賞

3月17日付のCJC通信によると、ジョン・テンプルトン財団が3月14日、2007年度のテンプルトン賞をチャールズ・テイラー教授にに授与すると発表したそうだ。
 
チャールズ・テイラー教授は、もちろん、私が博士論文で取り組んだ現代カナダの政治哲学者。
今回の受賞は、テイラー教授の世俗主義と科学に関する研究と双方の間に重要な結びつきがあるという洞察が評価されたものとのこと。
 
ちなみに、このテンプルトン賞。
1973年に「スピリチュアル・リアリティ(霊的実体)に関する研究や発見」に貢献した個人を対象として創設されたそうだ。
ソ連の作家アレクサンドル・ソルジェニツィンなども、受賞しているとのこと。
 
ちなみに、賞金は、何と80万ポンド(約1・8億円)。
 

私も、30年後の受賞を目指して頑張ろうかなぁ。(^-^)/

 
(【CJC通信】は『世界キリスト教情報』が、各国のキリスト教や教会事情を取材、編集、発信する専門通信)
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中