日本の課題

今晩は在京米国大使館の人身売買問題を担当しているハンセン書記官のお話しを聞いた。

日本がいまだに米国国務省が毎年発表している人身売買報告書で人身売買問題への取り組みが不十分な国として第2ランクに留まっているのは被害者保護が不十分と考えられているためである。

その背景には市民社会と日本政府の協働が不十分であるという現状認識があると自分は考えている。

日本にとって一朝一夕では解決できない難問だなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中