つなぐことで付加価値を生む

昨日のデザインフェスタのことを振り返ってみた。
 
500人以上のアーティストが参加する中で、来場者に関心を持ってもらうというのは大変なことだ。
自分が足を止めて、興味を持ったブースは何か?
単に作品を展示しているだけではなく、実演をしていたり、バンドと紙芝居のように異なったメディアを結びつけた演出をしていたりとか、何か新しいアイデア、コンセプトを感じれるブースには人が多かったような気がする。
そして、もちろん、作品が個性的であることは必須。
 
これからの時代は、ますますクリエイティブであることが求められるのでしょうね。
 
ということで、わたしも5月20日に川崎で見た劇団「あけぼの」のビデオ記録をアップしてみました。(^-^)
 

わたしも、6月8日の「表現アートで学ぶ働く子どもの権利」ではいろんな新しい試みに挑戦してみようと思った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中