世界に発信(^-^)/

わたしは、1999年からこれまで、ずっと人身売買問題に関わってきたのだけど、最近は来年のG8サミットでこの問題を取り上げてもらうべく、活動中。
 
具体的には、地球温暖化が引き起こす自然環境の破壊が、主に途上国の人々の生活基盤を掘り崩し、その結果、移住(移動)を余儀なくされた人々が人身売買の危険にさらされているという「環境難民と人身売買」という視点で、人身売買問題を提起している。
 
その関連で、昨日、CHANGE.ORGという社会活動に取り組むNGO,個人のためのサイトに以下の文章をアップしてみた。
 
何か反応があるといいなぁ。
 
I had worked as head of the communication department of the Japan Committee for UNICEF until 2004 and engaged in the campaign against trafficking in children then.
Since 2004, I have continued to work on this issue of Trafficking in Persons(TIP) as a member of the steering committe of Japan network against trafficking in persons(JNATIP).
At the end of 2004, after Tsunami hit a wide range of coastal areas in East Asia, I noticed that this natural disaster has caused serious human trafficking in the region.
Then, I learned that global warming has forced the people to move from the safer neighborhood to the more risky regions and this human movement increased the casualties of human trafficking.The global warming has deteriorated the natural environment, which destroy the resource of livelihood such as forest, small farms which most of the people depend on.
It is estimated that until 2010, we will have more than 50 million environment refugees, who will be exposed to serious risk of human trafficking.
Global warming will have the serious impact on human-beings.
Hence, environmental policy must have a focus on human dimension.
This is the reason why I propose Environment policy with Human Face, focusing on the risk of human trafficking.
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中