過ちは直ちに改める

昨日の午後、仕事で経団連を訪ねた。

そこで、有名な経営者のエッセーをたまたま目のした。
ひとは時に限られた時間と情報の中で決断することを余儀なくされる。
そして、後で自分の判断、決断が誤っていたことが判る時がある。

大切なことは、限られた時間と情報の中でも決断することである。

時を逸した決断は意味がない。
同時に、そのあと、誤ったと判った判断を改めることにも躊躇してはならないというのが、その方の意見。

なるほど。
過ちを改むるに憚ること勿れ。
実に正しい指摘。(^O^)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中