考えるだけでドキドキする事

ユニセフ協会を辞めて、フルタイムの大学院生を10カ月ほどやった時、自分がホントにやってみたいことをもう一度確認してみた。

人権を巡る思想的研究。
アートを利用した人権教育。
被害者の立場を尊重した人身売買などの人権問題のフィールドリサーチ。

この三つが残った。

そして、そのあとも、ずっとこの三つにこだわって生きてきた。

今も、この三つの事を考え出すと、不思議なくらい、気持ちが高まる。

今年はまずアートセラピーを応用したリサーチ手法について研究をまとめ、報告書を出した。

そのあと、テイラーの哲学について英文の論文をまとめた。
いまは、その成果を踏まえつつ、サイバー社会における倫理としての人権について研究を進めている。

これが終わったら、次は人権教育だな。

楽しみだなぁ。(^O^)/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中