世俗化の意味

この2カ月ほど近代化に伴う世俗化の問題に取り組んでいる。
近代化に伴い宗教は公的領域から退却し、信仰は純粋に私的な問題と考えるられるようになったというのが、スタンダードな世俗化学の理解である。
しかし、日本の公明党を見ても分かるように実は宗教は私的な出来事にはなっていない。
米国や中南米でも事情は同じらしい。
しかし、宗教が公的空間そのものだったとされる西欧の中世と現代における宗教のありかたはもちろん異なっている。
この違いを如何に定式化するかが現代の社会科学者にとって大きな課題になっている。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中