今年最後の論文、無事に提出

チャールズ・テイラーの最新著『ある世俗の時代』に関する論文をたった今、早稲田大学の事務所に提出してきた。
社学研論集には初回から欠かさず投稿してきた。
今回の論文が11本目。
今年は英語の論文が2本、日本語の論文が1本、研究報告書が1冊。国内の学会発表が2回、海外の国際学会での発表が1回。
内容的にも去年に比べれば、遥かに満足の行く内容だった。
これから海浜幕張に戻って人身売買禁止ネットワークの運営会である。
楽しみだなぁ。o(^-^)o
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中