12月2日、東京会合@第三回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議

12月2日のヴィティット・ムンターボーン先生とアミハン国際ECPAT議長との会合ですが、以下の通り決まりました。

日時:12月2日(日)午後1時半~3時
会場:京橋区民館4号室(京橋二丁目6番7号、電話 03-3561-6340) 

http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/kyobashi-ku.html
会場の予約は「東京工業大学 森田」で入れてあります。
まったくオープンな会合です。
第三回世界会議に関心のある方はどなたでも大歓迎です。
なお、会場借料として、一人100円をお願いします。(^-^)

【ヴィティット・ムンターボーン】
チュラロンコン大学法学部教授。
1990年より94年まで国連の子どもの商業的性的搾取に関する特別報告者。
1996年の第1回および2001年の第2回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議報告書作成責任者。
2004年ユネスコ人権教育賞を受賞。
2004年7月3日付で国連の北朝鮮人権特別報告官に任命される。
人権問題に関する世界的権威であり、アジアを代表する知識人の一人。

 
vitit_muntarbhornamihan's photo
【アミハン・アブエバ】
1992年にECPATフィリピンを設立。1992年より94年まで国際ECPAT副議長、1995年より97年まで国際ECPAT事務局長を務めた。1995年より97年まで第1回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議(1996年)の国際企画委員会委員、第2回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議(2001年)の子ども&若者プログラムのファシリテーターを務めた。
2004年、アロヨ大統領より人身売買に関する省庁間連絡会議における子どもに関するNGOの代表に任命された。(任期は3年)
現在、ECPAT国際理事会議長。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中