人権をひらく

といっても、自分の本のことではない。o(^-^)o
自分のこれからの生き方のことである。
これまで勉強してきて、人権という理念は普遍的なものだけど、この理念を異なった文化に根付かせるには、いろいろな工夫が必要であることが分かった。
自分のライフワークって、人権の伝道者みたいなことなんじゃないかと思ったわけ。
考えてみると、自分は無意識のうちにそういう途を辿ってきたような気がする。
その意味では藤原書店の社長が自分の本に『人権をひらく』というタイトルを付けてくれたのは実に正しいかったのかもね。
ありがたいことです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中