2050年の地球

12月5日、拓殖大学八王子キャンバスで人身売買問題についてお話しをさせていただくことになった。
自分としては、この一年間G8NGOフォーラムの環境ユニットで活動してきた経験を踏まえ、人身売買問題が環境、開発、人権・平和にまたがった問題であることを学生に伝えたいと考えている。
もちろん、これらの問題に対する取り組みの根本には権利主体としての自己という近代理念があることも是非分かりやすい形で伝えたいと思う。
今年はテイラーの『自己の諸源泉』を再読することから始まり、子どもの権利で終わるようだ。
終わり良ければ全て善し。
あと一カ月。
楽しく、真剣にやって行こう。(^O^)/
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中