9・11に対するテイラーの考え

 
その中で、テイラーは9・11以降の「テロとの戦争」と呼ばれる世界の対策を批判している。
 
after 9/11, we defined it or many people defined it as a war on terror. I think the mistake, a big mistake was made there, because if you define it just as a war, you’re going to lose it.
 
If you see that the only way effectively of dealing with this is that somehow those young kids get something else in their lives that can really move them in the same way, then you’re beginning to see that it’s hearts and minds that matter, much more than actually military force.
 
I’m not saying there isn’t a military role, but there’s more than that. And it’s typical of our, you know, tunnel vision in the West that we follow this right away in military terms and right away in terms of war-making, and not in terms of what could change the hearts and minds in those societies.
 
軍事的側面だけではなく、テロリストと呼ばれた人々を突き動かした精神的要因は何かを考えてみる必要があったというテイラーの洞察は深い。
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中