近代という時代

昔、近代=西洋と考えられていた時代があった。
その頃は「近代化」とは「西洋化」だと考えられていた。
西ヨーロッパそして北米大陸の植民国家に住む人々自身が、自分達の「近代」こそ唯一の「近代」であると信じていた。
それ以外の地域の人々は心の奥底に疑問や不満、反発をいだきながら、「西欧近代」というバラダイムに従った。
そういう時代は終わった。
多様な近代を目指す「開かれたナショナリズム」の時代がやって来たのだ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中