東洋大学、まもなく開講

東洋大学での私の講義が始まります。
2005年度より続けている大学院での講義に加えて、今年からは学部2年生を対象とした講義も担当させてもらえることになりました。
学部生を対象とした講義をするのは、長崎ウエスレヤン大学以来、3年ぶり。
毎週火曜日午後4時20分より5時50分まででの5時限で4月8日からスタートします。
学部生なので、理論的な枠組をきちんと教えることを主眼にカリキュラムは作ってみました。
 
わたし自身は自分の学問が社会学とか政治学だとか分類してみたことはないのだけど、内容は自己論から見た近代史みたいなものなので、知識社会学とか歴史社会学の範疇に入ると思われるから、まぁ、広い意味では社会学の中にあると思っている。
また、表現アートセラピーを応用した質的調査法も社会学的調査法の一つだし、ずっと昔に学部時代に学んだのも「社会史」ないし「社会経済史」みたいなものだったから、その意味でも社会学が専攻ですととりあえず言って間違いはない。
だいたい、自分の科目が開講されている場所が(東洋大学)社会学部である。
 
それはともなく、ここ3年ほど社会人ばかりを対象に講義をしてきたのだけど、久しぶりに10代の若者を対象に話すと思うと、それだけで楽しい気がする。
どんな風になるのか、まぁ、始めてみましょう。スマイル
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中