濱真一郎『バーリンの自由論』

この本は、同志社大学の濱先生が今年2月に出版された最新著。
20世紀最大の自由主義思想家と言われたアイザイア・バーリンを取り上げた力作である。
引用も丁寧で、関連文献もことごとく検討していて、バーリン研究に取り組む人間にとっては、繰り返し参照すべき基礎的文献の一つになるものと思われる。
 
この第7章にイグナティエフの人権論が取り上げられている。
やはり、たいへん緻密な分析で、学ぶ点が多々ある。
私は、今月25日に政治思想学会でマイケル・イグナティエフの人権思想について報告をするので、現在、一生懸命準備中なのだけど、濱先生の論考はその上で素晴らしいガイドラインとなっている。
でも、何でもそうだけど、勉強というのは年季が必要である。
私は、だいぶ遅れて学問を始めたので、まだまだ勉強することが沢山ある。
もちろん、自分が望むレベルにはもしていない。
気持ちだけは常に先に行くのだけど、学問に近道はないので、着実に勉強するのが最善の方法である。
 
頑張ってやりましょう。スマイル
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中