ただいま、2008年度米国務省人身売買報告書(日本の箇所)を翻訳中

明日の院内集会で配布する予定で、昨日の夕方、やっと翻訳に着手。

もっか、50%くらい終わったところ。
とりあえず、出来たところだけ、アップします。
誤訳など、見つかったら、ぜひ、fwge1820@nifty.com までお知らせ下さい。
参考までに、英語も貼り付けておきます。
まぁ、英語の勉強にも最適です。スマイル

 

日本(段階2)

日本は、商業的性的搾取および強制労働を目的として人身売買された男性、女性、子どもの目的国、経由国である。商業的性的搾取のための日本に人身売買されてきた女性と子どもは、中国、韓国、東南アジア、東ヨーロッパ、ロシア、そしてより小規模であるが、ラテンアメリカ出身である。日本は東アジアから北米へ人身売買される者の経由国である。人身売買被害者と認定された者の大半は日本に仕事を探しに移住して来た外国籍の女性であるが、日本到着と同時に債務を負わされ、売春を強制されている。男性および女性の移住労働者は強制労働を強いられている。人身売買業者は、日本の巨大な性産業において女性を搾取するために、最高5万ドルに及ぶ債務を利用している。加えて、人身売買の被害者女性は、強制的あるいは暴力的な物理的・心理的手段によって、助けを求めたり、逃亡することを阻止されている。人身売買業者は、また、ポルノグラフィーや買春を通じて搾取するために日本人の女性および女子を狙っている。外国籍および日本国籍の多くの女性の被害者は、人身売買業者の報復を怖れて、当局の支援を求めることを躊躇している。人身売買業者の多くは、日本の組織犯罪組織「ヤクザ」のメンバー、構成員である。日本の男性は引き続き、東南アジアにおける子どもを対象とするセックスツアーの主要な需要源である。日本政府は、人身売買撲滅のための最低限の基準を満たしていないが、満たすべく著しい努力をしている。日本は引き続き、「人身取引に関する関係省庁間連絡会議」を通じて改革を進めたが、人身売買被害者を認定し、保護する日本政府の努力は不十分(inadequateなものにとどまった。加えて、(人身売買事例の)起訴件数は昨年減少した。法執行機関およびその他の機関は公式な手続きに基づく(formal)人身売買被害者認定の手段を取らず、その結果、多くの人身売買被害者の認定に失敗した。日本政府によって認定され支援を受けた被害者の数は、2年続けて減少したが、被害者向けホットラインへの電話や被害者へのインタビューに基づき、NGOおよび研究者は実際の被害者の数は政府統計を上回っていると信じている。一部の解説者は、認定された人身売買被害者数の減少を性産業を捜査することの困難が増したことによるものと見ている。主要都市における赤線地帯での警察による手入れの結果、多くの性産業は地下に潜ったためである。この法執行機関からの増大する圧力は、眼に見える買春を減少させ、多くの性ビジネスにデリバリーヘルス(エスコート)サービスという眼に見えない形を取ることを強いている。

日本に対する勧告

性的目的の人身売買の疑いのある、特に地方におけるコールガールサービスを含む商業的な性ビジネスを捜査するために、前向きな(proactive)な法執行を強化すること

公式な被害者認定手続きを確立し、実施し、その被害者認定手続きを使って、より多くの人身売買被害者を認定するために、売春で逮捕された個人とコンタクトのある人材、外国人研修生、その他の労働者を訓練すること

強制労働を目的とする詐欺的な手段による採用を犯罪とすること

刑法によって強制労働を目的とする人身売買を捜査し、起訴すること

子どもを対象とするセックスツーリズムに関する世論喚起のために、広範囲なキャンペーンを実施し、児童買春等禁止法の域外適用条項により日本人の潜在的な性的加害者に訴追されることを警告すること

警察庁および日本大使館・領事館に対して定期的に公式な指令を送り、職員に対して、子どもの性的搾取に関して日本国籍者を訴追するために外国の当局と協力するように指示すること

人身売買被害者のシュルターにおいて、通訳や母国語による心理相談の利用可能性を拡大すること

認定された全ての人身売買被害者に対して、無料の法律支援が存在すること、および被害者が帰国以外の選択肢として特別在留資格を延長する選択肢を有していることを知らせること

子どもを被写体としてポルノグラフィーの所有を犯罪とするために児童買春等禁止法を改正すること

起訴

本報告書の対象期間中に、法執行を通じて性的目的の人身売買問題に取り組む日本政府の努力には改善は見られなかった

日本政府は、強制労働を目的とする人身売買問題への取り組みに失敗した

性的目的の人身売買の起訴件数と有罪判決数は2006年の17件、15件から、2007年にはそれぞれ11件、12件に減少した。2007年の12件の有罪判決のうち、7人が2年から4年の懲役刑、5名が執行猶予を受けた。強制労働を目的とする人身売買の起訴は、労働基準法に基づく2件のみであった。日本は包括的な反人身売買法を持たないが、2005年における刑法改正に加え、労働基準法、雇用保障法、売春防止法、児童福祉法、および「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(児童買春・児童ポルノ処罰法)」を含むさまざまな法律によって、多くの人身売買が刑事罰の対象になったが、全ての形態の人身売買が対象となっていない。特に、日本の法律は、強制労働を目的とする故意の詐欺的手段による労働者の採用を禁じていない。

労働搾取は、労働問題の活動家、NGO、シェルター、メディアによって報じられている。入国管理局と労働基準監督局は、外国人研修・技能実習制度(外国人研修制度)における数百の搾取の実例を報告している。報告されたケースには、雇用条件の偽り、債務、移動の自由の制限、給与支払いの停止などが含まれていた。大半の会社は外国人研修生を適切に雇用しているが、3年間の研修事業の初年度の参加者は労働法規によって保護されていなかったため、人身売買に対して脆弱であった。加えて、そのような搾取は、研修事業の初年度参加者に限定されていない。2006年だけでも労働基準監督署が認定した労働法規の違反件数は1209件に及んだが、労働を目的とした人身売買を理由に有罪判決を受けたのは2件に過ぎなかった。これは政府が、これらの労働法規を執行しようとする真剣な意志を欠いていることを示している。政府は、外国人研修生プログラムの管理に取り組む努力をいくらか行なった。法務省は、外国人研修生プログラムを運営する上で禁止される行為のリストを公表したが、これらの規則に違反した会社に対する刑罰はない。内閣は、労働基準法を初年度にも適用することを含む、外国人研修生プログラム改善規定を承認したが、これらの規定は実行されておらず、この報告書の対象期間中に国会で審議すらされていない。これらの施策は、労働法規の執行の大幅な強化無しには効果を持たないであろう。

JAPAN (Tier 2)
Japan is a destination and transit country for men,
women, and children trafficked for the purposes of
commercial sexual exploitation and forced labor.
Women and children trafficked to Japan for commercial
sexual exploitation come from the Peoples
Republic of China, South Korea, Southeast Asia,
Eastern Europe, Russia, and, to a lesser extent, Latin
America. Japan is a transit country for persons trafficked
from East Asia to North America. The majority
of identified trafficking victims are foreign women
who migrate to Japan seeking work, but are subjected
upon arrival to debt bondage and forced prostitution.
Male and female migrant workers are subjected
to conditions of forced labor. Traffickers use debt
bondage to exploit women in Japans large sex trade,
imposing debts of up to $50,000. In addition, trafficked
women are subjected to coercive or violent
physical and psychological methods to prevent them
from seeking assistance or escaping. Traffickers also
target Japanese women and girls for exploitation in
pornography or prostitution. Many female victims,
both foreign and Japanese, are reluctant to seek help
from authorities for fear of reprisals by their traffickers,
who are often members or associates of Japanese
organized crime syndicates (the Yakuza). Japanese
men continue to be a significant source of demand
for child sex tourism in Southeast Asia.
The Government of Japan does not fully comply
with the minimum standards for the elimination
of trafficking; however, it is making significant
efforts to do so. While Japan continued to implement
reforms through its Inter-Ministerial Liaison
Committee on trafficking in persons, the governments
efforts to identify and protect victims of
trafficking remained inadequate. In addition,
prosecutions decreased from the previous year. Law
enforcement authorities and other officials did not
systematically employ formal victim identification
procedures, resulting in the governments failure to
recognize many trafficking victims. The number of
victims identified and assisted by Japanese authorities
fell for the second year in a row, but based on
calls to victim hotlines and interviews with victims,
NGOs and researchers believe the number of
actual victims exceeds government statistics. Some
observers attribute the decline in identified victims
to the difficulty of investigating sex businesses that
are increasingly moving underground due to police
crackdowns on red-light districts in major cities.
This increased pressure from law enforcement has
eliminated visible prostitution and forced many
sex businesses to thinly disguise prostitution as
delivery health (escort) services.
Recommendations for Japan: Expand proactive
law enforcement efforts to investigate commercial
sex businesses, especially in rural areas and including
call-girl services, for possible sex trafficking;
establish and implement formal victim identification
procedures and train personnel who have
contact with individuals arrested for prostitution,
foreign trainees, or other laborers on the use of
these procedures to identify a greater number of
trafficking victims; criminalize recruitment through
fraudulent or deceptive means for purposes of
forced labor; criminally investigate and prosecute
acts of labor trafficking; conduct a widespread
campaign to raise public awareness of child sex
tourism and warn potential Japanese offenders of
prosecution under the extraterritorial provisions
of the child prostitution law; send periodic formal
instructions to the National Police Agency and to
Japanese Embassies and Consulates instructing
officials to cooperate with foreign authorities in
prosecuting possible child sexual exploitation cases
against Japanese nationals; continue to increase
the availability and use of translation services and
psychological counselors with native language
ability at shelters for victims; inform all identified
victims of the availability of free legal assistance,
as well as the option of extending their specialstay
status as an alternative to repatriation; and
revise the child pornography law to criminalize the
possession of child pornography.
Prosecution
There was no improvement in the Government of
Japans efforts to address sex trafficking through law
enforcement during the reporting period, and the
government failed to address the problem of trafficking
for labor exploitation. Prosecutions for sex
trafficking decreased in 2007, as 11 sex trafficking
cases were prosecuted, and 12 trafficking offenders
were convicted, compared to 17 prosecutions and 15
convictions in 2006. Of the 12 convictions in 2007,
seven offenders received prison sentences of two to
four years with labor; five offenders received suspended
sentences. The only labor trafficking convictions in
2007 were for two cases prosecuted under the Labor
Standards Law. While Japan does not have a comprehensive
anti-trafficking law, a variety of laws, including
the 2005 amendment to the criminal code, the
Labor Standards Law, the Employment Security Law,
the Prostitution Prevention Law, the Child Welfare
Law, and the Law for Punishing Acts related to Child
Prostitution and Child Pornography, cover most,
but not all forms of trafficking. Specifically, Japanese
law does not prohibit recruitment of laborers using
knowingly fraudulent or deceptive offers for purposes
of forced labor.
Labor exploitation was widely reported by
labor activists, NGOs, shelters, and the media.
The Immigration Bureau and Labor Standard
Inspection Bodies reported hundreds of abuses
of the Industrial Trainee and Technical Internship
Program (the foreign trainee program). Reported
abuses included fraudulent terms of employment,
debt bondage, restrictions on movement, and
withholding of salary payments. While the majority
of companies employ foreign trainees appropriately,
participants in the first year of the three-year
program were not protected by labor laws and were
therefore vulnerable to trafficking. In addition,
such exploitation was not limited to participants in
the first year of the program. There were only two
convictions for labor trafficking during the past
two years despite Labor Standard Inspection Bodies
having identified more than 1,209 violations of
labor laws in 2006 alone, indicating a serious lack
of will by the government to enforce these laws. The
government did make some efforts to address oversight
of the foreign trainee program. The Ministry
of Justice released a list of prohibited acts to govern
the program, but there were no criminal penalties
for companies found in violation of the regulations.
The Cabinet approved provisions to reform the
program, including applying the Labor Standards
Law to the first year; but, these provisions had not
yet taken effect or even been debated by the Diet
during the reporting period. These measures are
unlikely to have any effect on the problem without
a significant increase in enforcement of labor laws.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中