2008年度人身売買報告書、保護と防止に関する日本の取り組み

残りの半分です。
まぁ、チャールズ・テイラーの哲学書の日本語サマリーを作るよりは簡単かなぁ。(^-^)
 

保護

政府のさらなる努力にもかかわらず、この報告書の対象期間中の人身売買被害者保護は不十分なものにとどまった。日本政府が認定して人身売買被害者の数は2年連続で減少した。法執行機関は、2005年に116人、2006年に58人の人身売買被害者を認定したのに対して、2007年にはその数は43人となった。この数は、日本の人身売買問題の想定される規模からすると、不釣合いなほど小さい。一部の観察者は性的目的の人身売買が減少した結果、認定された被害者数も減少したと推定しているが、よりありそうなことは多くの性産業が地下に潜ったため、警察が潜在的な被害者を捜索し救助することがより難しくなったということである。人身売買被害者に関わっているNGOは、政府は、性産業の中の外国人女性や移住労働者などの脆弱な人々の中に被害者を探すことに前向きではないと断言している。特に、43人の認定された人身売買被害者のうち16人について、日本政府はリスク評価と正式な帰還手続きのために国際移住機関(IOM)に照会することなく、帰還手続きを行なったことが懸念される。警察と入国管理局は、定期的な研修プログラムに参加しているが、公式な人身売買被害者認定の手続きを採用しておらず、また日本の法執行機関、社会サービス機関の職員を人身売買問題のために特別に配置していない。第三国の大使館職員は、日本の警察と入国管理局が彼らの市民を人身売買被害者と認定せず、その帰還手続きを大使館に強いていると報告している。加えて、政府は公的企業および私企業による労働搾取に関する多くの報道にもかかわらず、日本はこの報告書の対象期間中に労働目的の人身売買被害者を認定することが出来なかった。2007年に認定された47人のうち40人は政府が運営する婦人相談所―日本の47都道府県に設置された―によってサービスを提供された。被害者は、低額医療サービスを受け、一部の被害者は婦人相談所において心理的ケアを受けた。しかし、大半の人身売買被害者は母国語を話す適切な心理カウンセラーと面談することは出来なかった。日本政府は、この課題についてようやく取り組み始めたところである。厚生労働省は、人身売買被害者にカウンセリングと心理的なケアを提供する訓練と経験を有する通訳を見つけるべく、NGOの世界で調査を行い、その情報を全国の婦人相談所に伝達し始めたところである。日本政府は全ての人身売買被害者は法的支援を得ることが出来ると主張しているにもかかわらず、婦人相談所の運営者の調査は、婦人相談所職員も人身売買被害者も無料の法的支援を得ることが出来ることを常に知っているわけではないことを示唆している。現在まで、日本政府が実際に人身売買被害者に法的支援を与えた事例は一つもない。人身売買被害者は、帰還によって虐待や報復を受ける可能性がある場合には、帰還以外の合法的選択肢として特別在留許可を得ることが出来るにもかかわらず、多くの人身売買被害者は彼らが特別在留許可を延長したり、雇用が可能となるように資格の変更を申請出来ることを知らないとNGOは報告している。さらに、2~3カ月以上、日本に滞在した被害者の例はこれまでない。母国語のよるカウンセリンングの欠如、同国人や他の人身売買被害者からの隔離、他の選択肢の欠如、特に日本滞在中に働き、お金を得る手段の欠如が、多くの人身売買被害者に母国への迅速な帰還を選ばせている。日本政府は、人身売買被害者に対して捜査および訴追に協力するよう促しているが、協力に資する環境を人身売買被害者に提供していなかった。日本は、帰還と統合支援のために、2007年、国際移住機関に30万ドルを供与し、また、人身売買被害者支援に特化したNGO運営の民間シェルターにおける被害者ケアのために毎年10万ドルを予算計上している。

防止

日本政府は、この報告書の対象期間中に特定の形態の人身売買について世論を喚起するために、強力な努力を行なった。政府は、人身売買のトラウマ、政府の人身売買対策、被害者支援の受け方に関する50万部の冊子を配布して、商業的性的搾取の需要を減少させる努力を行なった。日本政府は、また、人身売買と買春との関係を描いた25千枚の啓発ポスターを制作した。ポスターと冊子は、日本の入国管理事務所、交番、大使館・領事館へ配布された。日本政府は、、人身売買に対して脆弱なタイの学生のための宿舎を建設するために、タイのNGO7万9千ドルを供与した。多くの日本人男性は、引き続き、東南アジア、特にフィリピン、カンボジア、タイへ、子どもとの性交渉を求めて出掛けている。児童買春等禁止法は、海外において未成年と性的関係を持った日本人に対する域外適用の権限を与えているが、日本政府は、2005年以来、子ども目当てのセックスツアーを理由に日本人を訴追したことはない。この報告書の対象期間において、日本政府は、日本人による子ども目当てのセックスツアーへの需要を特に減らすための如何なる手段も講じていない。日本の法律は、子どもポルノの所有を犯罪化しておらず、このことが、子どもの商業的性的搾取および子ども目当てのセックスツーリズムへの需要に寄与している。警察庁によると、2007年の上半期に、773人の子どもが買春させられたか、子どもポルノの被写体として搾取された。日本は国際組織犯罪条約人身売買議定書を批准していない。

 

Protection
Despite the governments increased efforts, victim
protection remained inadequate during the reporting
period. The number of trafficking victims
identified by the Japanese government declined
for the second consecutive year. Law enforcement
authorities identified 43 victims in 2007,
down from 58 in 2006 and 116 in 2005. This
number is disproportionately low relative to the
suspected magnitude of Japans trafficking problem.
Although some observers speculate there are fewer
victims identified because sex trafficking may have
decreased in Japan, it is more likely the move of
many sex businesses underground has made it
more difficult for police to investigate and rescue
potential victims. NGOs working with trafficking
victims continue to assert the government is not
proactive in searching for victims among vulnerable
populations such as foreign women in the sex trade
or migrant laborers. Of particular concern was the
Japanese governments repatriation of 16 of the 43
identified trafficking victims without referring them
to IOM for risk assessment and formal repatriation
processing. Although police and immigration
authorities take part in regular training programs,
Japan has not adopted formal victim identification
procedures, nor does it dedicate government law
enforcement or social services personnel specifically
to the human trafficking issue. During the reporting
period, police and immigration authorities failed
to consistently identify trafficking victims. Officials
from third-country embassies reported Japanese
police and immigration officers failed to recognize
their citizens as trafficking victims, forcing the
embassies to take charge of victim repatriation.
In addition, the government did not recognize
any victims of labor trafficking during the reporting
period in spite of widespread reports of labor
exploitation by both official and private entities.
Forty of the 43 identified trafficking victims in 2007
were provided services by government shelters
Womens Consulting Centers (WCCs)located in
each of Japans 47 prefectures. The victims had access
to subsidized medical care and some victims received
psychological care while in the WCCs. However, the
large majority of trafficking victims did not have
adequate access to trained psychological counselors
with native language ability, a weakness the
Japanese government is now beginning to address.
The Ministry of Health, Labor, and Welfare surveyed
the NGO community to identify interpreters with
experience or training in providing counseling and
psychological care to victims of trafficking, and has
begun to make this information accessible to WCCs
nationwide. Although the government asserts that
legal assistance is available to all trafficking victims, a
survey of WCC operators indicated that neither WCC
staff nor victims were consistently aware free legal
assistance was available. To date there have been no
cases where the government actually provided legal
assistance to a trafficking victim. Although victims
were eligible for special stay status as a legal alternative
to repatriation in cases where victims would face
hardship or retribution, NGOs report most victims
were unaware they could extend this status or apply
for a change of status to one which permits employment.
Moreover, there has never been a case of a
victim staying in Japan for more than a few months.
The lack of native language counseling, the isolation
of victims from fellow nationals and other trafficking
victims, and the lack of alternativesparticularly
any option to work or generate income while in
Japanled most victims to choose an expeditious
repatriation to their home country. Although the
government encouraged victims to assist in the investigation
and prosecution of trafficking crimes, it did
not provide victims with an environment conducive
to cooperation. Japan gave $300,000 to IOM in 2007
for repatriation and reintegration assistance, and
budgets about $100,000 each year for subsidizing
victims care in private NGO shelters that specialize
in assisting trafficking victims.
Prevention
The Government of Japan demonstrated strong
efforts to raise awareness about some forms
of trafficking during the reporting period. The
government took efforts to reduce the demand
for commercial sexual exploitation through the
distribution of 500,000 brochures on the trauma
of trafficking, government anti-trafficking efforts,
and how to receive victim assistance. The government
also produced 25,000 trafficking awareness
posters portraying the link between prostitution
and trafficking in persons. The posters and
brochures were distributed to immigration offices,
police stations, and foreign embassies and consulates
throughout Japan. The government donated
$79,000 to a Thai NGO to construct a dormitory
for Thai students vulnerable to trafficking. A
significant number of Japanese men continue to
travel to other Asian countries, particularly the
Philippines, Cambodia, and Thailand, to engage in
sex with children. Although the Act on Punishment
of Activities Relating to Child Prostitution and
Child Pornography and the Protection of Children
provides Japanese courts with extraterritorial jurisdiction
over Japanese nationals who have sexual
intercourse with a minor in a foreign country, the
government has not prosecuted a Japanese national
for child sex tourism since 2005. During the reporting
period, the government did not take any steps
to specifically reduce the demand for child sex tourism
by Japanese nationals. Japanese law does not
criminalize the possession of child pornography,
and this continues to contribute to the demand
for commercial sexual exploitation of children and
child sex tourism. According to National Police
Agency statistics, 773 Japanese children were either
prostituted or exploited in child pornography
during the first half of 2007. Japan has not ratified
the 2000 UN TIP Protocol.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中