7月6日記者会見 at 札幌

気持ちが少し先走って、洞爺湖サミットのあとのプログラムの話を書いてしまいましたが、実は洞爺湖サミットに合わせて札幌で開催される市民サミット2008(7月6日~8日)まで、あと4日。
先ずは、これを乗り切ることに集中すべきですよねぇ。
私の最初の出番は、7月6日の記者会見。
 
今回の記者会見は、人身売買禁止ネットワークの構成団体で運営委員も務めてくださっているIMADR(反差別国際運動)のご尽力で実現したもので、人身売買禁止ネットワークとIMADRの共催。
IMADRは、1年以上前から人身売買との闘いを主流化する国際キャンペーンを展開していて、アジアやアフリカを中心としたNGOと共に今回のG8に向けたNGO共同提言書を作成してきました。
ちなみに、このNGO共同提言書の「気候変動と(環境難民を含む)脆弱な人々」というセクションは私が担当しました。スマイル
7月6日の記者会見では、
・JNATIPによる、G8のホスト国である日本政府への要請、提言
・アジア・アフリカを中心とする25のNGOによるG8への共同提言
というふたつを同時に発表します。
【記者会見】
日時:2008年7月6日(日)16:45-17:30
会場:市民メディアセンター北海道大学
  (札幌市北区北8西7 北海道大学クラーク会館2階)JR札幌駅下車徒歩8分
スピーカー:
大津恵子(JNATIP共同代表、女性の家HELP元ディレクター)
森田明彦(JNATIP運営委員、G8NGOフォーラム環境ユニット・サブリーダー)
荒井摂子(IMADRプログラム・オフィサー)
藤原志帆子 (ポラリス・プロジェクト日本事務所コーディネーター)
司会:
原由利子 (IMADR事務局次長)
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中