日本流人権の思想

先週土曜日の東洋大学大学院での前期最後の講義で受講生のなかから出たのが、この言葉。
「人権」という言葉は神棚に鎮座していて日常生活には関係ないもの、欧米の合理的知性を反映したもので冷たいものというイメージがある、「人権」という言葉の裏には私利私欲が隠されている気がして、この言葉が出てくると引いてしまう等、率直な感想が出された。
いずれも日本の多くの人々が感じている実感だろうと思う。
こういう感情にアピールできる日本流人権の思想が今求められているというのが私の考えなのだけど、自分がそういう思想を生み出すことが出来るかどうかは、また別問題である。
ただ、そういう思想は西欧近代思想との対決の中からしか生まれないとは思うようになった。

まぁ、一生懸命勉強することですね。

学問の夏です。o(^-^)o

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中