真の運命は己の存在根拠

ひとには誰しもその人だけに与えられた使命というものがある。
ただ、初めから自分の使命、天命がはっきり分かるわけではない。
さまざまな試行錯誤の結果、次第に自分にとってかけがえのないものが何なのか分かってくる。
同時に、その運命はその人の存在根拠になる。
もし失敗したら自分の大切なものも失われてしまうという不安が生まれるのは、その使命がほんとに自分そのものだからである。
そして、やらずに後悔するより、試して失敗したほうがまだ良いのだ。
試したということは少なくとも、自分の運命から逃げなかったということだから。
挑戦の時です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中