不思議な経済政策

いま、日本では株安と円高が進んでいる。
株が売られるというのは、市場の先行きに投資家が不安を感じて、流動性が高い現金に逃避しているということである。
日本円を買うためにドルが売られて、ドルが過剰になれば円高ドル安になる。
こういう場合、昔は政府が公共投資を行って、民間投資の呼び水とした。
しかし、すでに日本のインフラ整備は一定水準に達していて、公共投資では民間投資を誘発出来ないことははっきりしている。
重要なのは民間セクターが新しい事業に取り組みたいと考える環境整備の促進である。
しかし、既得権益を持つ人々、組織に阻まれて、日本の構造改革は正しい方向に進んでいないように思える。
やはり、総選挙で民意を問う時でしょうね。
この国をどうしたいのか、国民一人一人が決める時が来たのでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中