児童ポルノを巡る議論

2004年に日本ユニセフ協会を辞めてから、少し遠ざかっていた児童ポルノ問題なのだけど、昨年春くらいからまた少しずつ勉強を始めている。
 
学問的に見て、今の自分にもっとも興味があるのは、性的道徳を巡るリーガル・モラリズムとリベラリズムの論争。
ウィキペディアの関連箇所によると、
カナダでは、道徳を堕落させる罪(カナダ刑法典第163条)[133]として、被写体の存在しない創作物が規制の対象とされている。具体的には「(a)事実にせよフィクションにせよ、犯罪の実行を扱うもの(b)犯罪の実行の前後を問わず、事実にせよフィクションにせよ、犯罪の実行に関連するイベントを扱うもの」が「犯罪コミック」として刑事罰の対象とされている。
このカナダの規制は、いわゆるリーガル・モラリズムに立脚したものであるが、ある個人の行為が、たんに道徳的でないことを理由として、その当人のものではない特定の価値観を、外部から法によって国家権力が強制的に実現すべきことを主張するリーガル・モラリズムは、充分な判断能力をもつ個人の自己決定権(ことに精神的自由権)を擁護するリベラリズムとは鋭く対立する[134]
またリーガル・モラリズムは、不快感情を根拠として他者の自由の制限を求める不快原理[135](ただし不快物非公開の原則は、リベラリズムと調和する)によって助長される[136]ものであるが、弁護士で衆議院議員の枝野幸男は、2008年7月のオープンミーティング[137]で、法と倫理の区別をはかる立場から、不快感情[138]を根拠とした規制が、ポルノグラフィ全般の規制に及ぼされることに危惧を表明している。
133  Penal Code 163.1 Canada ; Child Pornography – カナダの「1993年刑法典163.1条」
134  ただしパターナリズムは、充分な判断能力をもたない人々を彼ら自身の利益のために彼ら自身から守るものであるかぎり、リベラリズムと調和する H.L.A. Hart(1963) Law、Liberty、and Morality
135 いわゆる他者危害原則と対比されるもの。
136 http://saturn.aichi-u.ac.jp/info/com/com21-4.pdf – 情報倫理/情報モラル教育の問題
138 ベンタム同性愛をとりあげた論文で、その害悪が非常に間接的で、しかも不確実であるにもかかわらず、その刑罰が厳しいのは、その唯一かつ真実の動機が、生理的な嫌悪感、ないしは快楽を悪とする禁欲主義に起因する「反感(antipathy)」にあることを認めている。そして、不快原則がいかなる場合でも十分な根拠として認められるならば、「人民主義の原理でも、すべての人、あるいは少なくともそれぞれの社会の多数派が同様の理由ですべての人を処罰するのは正しいことになってしまう」と批判している。 Jeremy Bentham, Offences Against One’s Self
 
要するに、特定の価値観を国家権力が外部から強制することの是非という問題なのだけど、これは実は「子どもの権利条約」の4つの原則の一つである「子どもの最善の利益」原則と深く関わっている。
ウィキペディアでも言っているように、十分な判断能力を持たない人々が彼ら自身の利益のために彼ら自身を守るためである限り、国家権力による介入(パターナリズム)は容認されるわけで、児童虐待について当局が当該家庭に踏み込んで被害児童を救出するという行為は、この原理に基づいている。
しかし、一方で、「子どもの権利条約」は子どもを権利の主体と認め、その意見表明権の尊重を定めているから、子どもの意見をまったく尊重せずに、国家権力が介入することには制限的な立場を取っている。
「子どもの意見は、その年齢と成熟度に基づいて尊重される」とはどういう意味なのか?
これは、実は、子どもの権利主体性と関わる本質的な問題であり、私の立場からすると、当該社会がどのような価値観に基づいてているのかという根本的な課題とつながっている。
 
私自身は、リベラリズムとは戦う一つの主義なのだというチャールズ・テイラーの立場に賛成で、完全な価値中立主義ではないと思っている。
 
そういう眼で見ると、この児童ポルノを巡る論争。
実は、今後の日本社会の行方を示す鏡のような役割を果たしていることが分かる。
 
興味深い問題です。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中