表現アートWSの創り方

今日はてのひらの会主催の人身売買問題講習会の最終回。
私はファシリテーターとして、人身売買問題を伝える表現アートを使ったワークショップの創り方というプログラムをやってみました。
私は昨年9月からセーブザチルドレンで部長代行をやっていて、ワークショッパーとしての活動があまり出来なかったので、今日はそういう意味でのストレス解消にもなって、とっても幸せ。
ちなみに、セーブのほうは、この4月からはアドボカシー業務担当のシニアアドバイザーになることになり、私のやりたいことが本格的に出来る立場になった。
ということで、今日は子どもの権利ワークショッパーとしての復帰第一戦。
昨日、プログラムのアウトラインを決めて、アタマの中で走らせてみて、だいたい行けるという感触はあったのだけど、なにしろ久しぶりなので、実際の感覚がずれていないか少し心配していた。
でも、按ずるより産むが易し。
きちんと、時間内で楽しく、全プログラムを終えることが出来ました。
こういう仕事はほんとに楽しい。o(^-^)o
今年はワークショッパーとしても、大いに活動しよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中