グローバルソサエティ論

東工大大学院での社会工学特論も、いよいよ開講です。
今朝、講義の準備をしていて、この講義は洞爺湖サミットの話しから始めようと思った。
もう一年前のことになるのだけど、洞爺湖サミットに向けたNGOフォーラムの活動は本当に楽しかった。
私は新しい事が好きなので、誰もやったことのない事に挑戦している時が一番シアワセを感じる。
日本社会でまだ完全に認知されたわけではないNGOの世界に惹かれたのは、この世界の新しさ、可能性に魅力を感じたからだと思う。
大学教員、研究者に転身したのも、研究者なら誰も取り組んだことのない新たな試みに挑戦できると思ったからである。
激変しつつある国際社会。
この変化の行方を誰よりも早く掴んでみたいですね。
机上の空論でもなく、単なる現状追認でもない、実践的認識を目指して、これから一年、楽しく講義を続けたいと思います。(^O^)/
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中