「子どもの生存と発達革命」復活

今日はセーブザチルドレンが世界中で取り組む予定のNewborn and child survivalキャンペーンの組織内キックオフ。
 
今日はちなみにセーブザチルドルンが創設されて90年目でもある。
 
保健衛生を専門とするスタッフがキャンペーンの概要を説明したあと、スタッフとの間で質疑があり、私も最後に少しだけ話しをした。
 
このキャンペーン。
中身は、30年前にユニセフのジェイムズ・グラント事務局長が始めた「子どもの生存と発達革命」そのもの。
30年前、ユニセフは開発協力の分野で世界的なリーダーシップを発揮していた。
その時代に、一世を風靡したのが、この「子どもの生存と発達革命」。
それが、30年を経て、子どもを支援する世界でもっとも歴史ある国際NGOによって再び蘇ろうとしている。
思わず、胸が熱くなりました。
 
そして、素晴らしいタイミングで子どもの権利の世界に還ってきたと思った。
 
挑戦の時です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中