児童買春禁止法の審議が始まりました

 
自民・公明の与党、民主党がそれぞれ改正案を作成・提出し、また、これまで様々な関係者が議論を重ねてきただけあって、議論の内容もたいへん高度な密度の高いものとなっている。
これこそ、ほんものの民主主義国家の国会審議のありかただと思った。
 
これから、児童買春等禁止法改正案に関するオンライン上でも議論も活発になると思う。
私の考えは、今日放送されたNHK国際ラジオ放送で話したのだけど、基本的に冤罪に対する対応策を講じつつ、児童ポルノの単純所持自体は処罰の対象とすべきであり、実在しない子どものポルノについても、性犯罪との関係を科学的に調査するために、必要な措置を直ちに取るべきと思っている。
 
今日は国会審議はほんとうに勉強になる。
さらに学び、自分も積極的に発言していこう。
広告

児童買春禁止法の審議が始まりました」への1件のフィードバック

  1. 先生仰られる通り、日本の有罪率は先進国とは思えない異常さですので「冤罪に対する対応策が講じられる」のは、単純所持規制の必須条件だと存じます。 実在しない子どものポルノについて、既に様々な調査が行われておりますが、性犯罪との因果関係は未だ立証されておりません。引き続き、各調査機関で調査が続行される事を望みますが、おそらく立証される事はないのではないでしょうか。 現行の児ポ法では、運用する現場で個人法益性が低く見積もられてる事で、社会法益犯罪的(風営法的、猥褻物取締法的)な取締方法がとられ、結果として多くの「お目溢し」を生んでいると言う現状もありますので、これ以上の混乱を避ける為にも「直接的な人権侵害である児童ポルノ」の問題と「(間接的に)影響があるかも知れないメディアへの規制」の問題は厳密に分けて考えるべきだと思われます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中