人身売買(とりわけ女性および子ども)に関する特別報告者の来日

今回の来日は日本政府の公式招聘によるもので、人身売買の国連特別報告者が公式に来日したのは今回が初めて。
 
本日はNGOサイドからのブリーフィングセッションです。
私も参加します。
 
17日午後3時には日本記者クラブで記者会見が予定されています。
 
今回の来日の目的は、日本における女性と子どもの人身売買(性的搾取、労働搾取)の実態、および日本政府の政策や措置・民間レベルの活動・それらの効果などに関する情報を関係者(政府、当事者、サバイバー、NGOなど)との面会や関係施設への訪問などを通して収集することです。
その結果は、報告書にまとめられ、来年初めの国連人権理事会に提出されます。
【ジョイ・ゴジ・エジェイロさんのプロフィール】
ナイジェリア出身。法律家、フェミニスト、学者、活動家である。2008年6月に国連人権理事会より女性および子どもを中心にした人身売買に関する特別報告者に任命され、同年8月に就任した。ナイジェリア・ロー・スクールおよびロンドン大学法科大学院にて法律学位を修得。ナイジェリア政府主宰の女性問題および社会開発に関する委員会メンバーや、司法省による暴力撤廃法案作成委員会の委員長などを歴任。著名な市民社会活動家として、ナイジェリア国内の人権、民主主義、良き統治の分野でも活動。女性の援助コレクティブ(女性および若者のためのNGO)の創設者として現在理事長を務める。西アフリカ地域においても女性や子どもに対する暴力根絶のためにNGO活動を展開している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中