11月17日午前10時より「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」第2回院内セミナーのご案内

先月28日、セーブザチルドレンやワールドビジョン、プランなど23のNGOで「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」を立ち上げました。
キャンペーンサイト
28日のキックオフ院内セミナーには、福島瑞穂大臣、小宮山洋子議員など13名の国会議員と、18名の議員代理出席者が参加くださり、70名分の資料が足りなくなるほどの盛況でした。

子どもの権利に関わる者にとって10年来の夢である国連子どもの権利委員会に対する個人通報制度の実現。
現在、世界中で585のNGOが、この21世紀最大の子どもの権利キャンペーンに参加しています。

このキャンペーンの第2回院内セミナーを今月17日に開催します。
今回は、国連子どもの権利委員会委員長のヤンギー・リー先生(韓国)とこの世界キャンペーンコーディネーターであるワールドビジョン・カナダのサラ・オースティンさんをお招きして開催する超豪華版です。

一般の参加も大歓迎です。

ぜひ、ご参加ください。

1.セミナー・タイトル
「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」第2回院内セミナー
2.セミナーの概要
国連子どもの権利条約の3番目の選択議定書を作ろうという、21世紀最大の子どもの権利キャンペーン(現在、世界中で585のNGOが参加しています)の、日本における2回目の院内セミナーです。
今回は、国連子どもの権利委員会委員長のヤンギー・リー先生(韓国)とこの世界キャンペーンのコーディネーターであるワールドビジョン・カナダのサラ・オースティンさんをお招きして開催する超豪華版です。
一般の方の参加も大歓迎です。>
3.日時
11月17日(火曜日)午前10時~11時
4.場所
衆議院第一議員会館第一会議室
5.講師
ヤンギー・リー 国連子どもの権利委員会委員長
サラ・オースティン World Vision Canada(この世界キャンペーンのコーディネーター)
6.参加費無料、日英通訳あり
7.主催
子どもの権利条約NGOグループ/日本(参加団体:23)
8.このキャンペーンに賛同してくださった国会議員の一覧(19名)

参加希望者は森田明彦(morita@savechildren.or.jp) まで、氏名、所属をお知らせください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中