今日は子どもワークショップです

表現アートを使って、国連子どもの権利委員会への個人通報制度を体感してみようという、実験的アートショップ。
なにしろ、この国の人間で国際的な人権委員会に対する個人通報制度を使った経験のある人は誰もいません。
子どもに優しい司法手続きの開発もまだまだ。
実際に、私もどんなことに注意して、子ども達に聞き取りをしたら良いのか、海外の事例から勉強している段階。
ただ、はっきりしているのは、一度被害に遭っている子ども達の気持ちをまた傷つけてはいけないということと、彼らの回復と成長に役立つプログラムでなければいけないということ。
何事も初めてのことは緊張します。
でも、もちろん、一番大切なことは楽しくやってみることです。
挑戦です!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中