3月10日、子どもの権利に関するパネルが開催されます in 国連人権理事会第13会期

3月1日より26日まで、ジュネーブにおいて国連人権理事会第13回会期が開催されます。
10日には、子どもの権利に関するパネルが開催されます。
今回のテーマは子どもに対する性的暴力。
パネルでは、国連子どもの権利条約、2つの選択議定書、子どもに対する暴力に関する国連報告書、そして子どもと青少年に対する性的搾取に関する第3回世界会議(リオ会議)の最終採択文書に基づき、子どもに対する性的暴力という問題に関する意識を喚起し、現行の基準とコミットメントを再確認し、過去の経験から得られた良い前例とレッスンに焦点を当て、主要な課題と今後なすべきことを明らかにすることを目指して報告、審議が行われ、勧告が採択されます。
 
日本でも、今月4日に子どもポルノ排除計画ワーキンググループが犯罪対策閣僚会議の下に設置され、国民的運動を目指して行動計画の取りまとめを開始しました。
 
そういえば、3月4日には、国連子どもの権利委員会による予備審査が行われ、日本のNGOに対する子どもの権利委員による聞き取りが行われました。
この後、子どもの権利委員会より日本政府に追加質問が送付され、その回答を踏まえて、5月27日&28日には本審査が行われます。
ちなみに、国連子どもの権利委員会による日本政府の政府報告書審査。
今回の対象は、子どもの権利条約本体に関する第3回政府報告書と、2つの選択議定書に関する第1回政府報告書です。
もちろん、この選択議定書の一つは子どもの性的搾取に関するものです。
 
どういう話し合いが行われ、勧告が採択されるのか?
注目の一日です。
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中