地球市民教育としてのヒッポ・プログラム

2月18日に開催された「多言語・脳科学」シンポジウムに参加しました。

添付の記事はこのシンポジウムの報告です。

長年多言語習得プログラムに取り組まれてきたヒッポファミリークラブに東京大学とMIT(マサチューセッツ工科大学)が協力して、多言語習得活動が脳に与える影響を科学的に調査しようという研究が始まることになり、そのキックオフイベントでした。

RGEN 2016年3月号

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中